読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘の主人・スタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

ユネスコのジオパークの登録を目指す、山陰海岸国立公園

山陰海岸ジオパーク

ユネスコのジオパークの登録を目指す、山陰海岸国立公園の中核に位置する新温泉町浜坂海岸では、7月の第二日曜日のこの日、兵庫県青年協力隊の皆さんの参加の中、町民総出で海岸の清掃を行った。

ジオパークとはその景観美のみならず、地質学的にも重要且つ貴重な地質遺産としての自然公園です。

 

山陰海岸国立公園は、西は鳥取砂丘から東は京都府の経ヶ岬までの約75kmの海岸を指しますが、その中には玄武洞や多くの温泉地帯も含まれております。昭和38年に国立公園に指定され、名勝及び天然記念物の「但馬御火浦」「浦富海岸」や名勝「香住海岸」など素晴らしい海岸美を形成しております。この海岸美形成は、日本列島が大陸の一部から分裂が始まり、日本海の拡大が終わった時代にかけて、繰り返された激しい火山活動により多くの洞門や洞窟がつくられました。まさに地球の博物館と言われる所以です。

 

私たちは来年のユネスコの登録を目指し山陰海岸ジオパーク構想をたて、様々な活動を行わなければならないと思います。

参考リンク:

新温泉町|山陰海岸ジオパーク構想

山陰海岸ジオパーク推進協議会/とりネット/鳥取県公式サイト

日本ジオパーク連絡協議会

 

但馬御火浦
城山からの山陰海岸
三尾朝日洞門写真2