読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘の主人・スタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

加藤文太郎談義

お客様 加藤文太郎

松葉ガニを求めてお越し戴いたお客様です。お帰りの際、加藤文太郎のことが話題になりましたが、生憎木曜日は加藤文太郎記念図書館は休館日。足をお留めして、当宿で代わりにお話をさせていただくことになりました。

お若い頃、新田次郎さんの「孤高の人」を読まれて、加藤文太郎ファンになられたそうで、文太郎の地元としては大変有り難いことです。

加藤文太郎の直筆の葉書や資料も見ていただきながら、今、谷甲州さんが新しく加藤文太郎を主人公にした小説『単独行者』の執筆の経緯等加藤文太郎談義になりました。本当にありがとうございました。

 

resize1617.jpg

 

更新 : 2008