読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘の主人・スタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

ジオガールを目指して!

DSC01448.jpg

DSC01446.jpg

この程、山陰海岸ジオパークのエリアの観音山をカニソムリエ16名が登った。浜坂の山々はそう高くはないが、日本海の素晴らしい景観と山登りの魅力が同時に楽しめて、初心者でも無理なく登れます。DSC01443.jpg

 観音山も標高245メートルと小さな山であるが、頂上には国の重要文化財である木造11面観音立像鎮座されている。

また、この街の出身で新田次郎氏の小説「孤高の人」や谷甲州氏の著書「単独行者」の主人公加藤文太郎が、神戸から結婚式のため帰省途中に登った山としても有名。頂上からは山陰海岸の入り組んだ海岸美が一望できます。

カニソムリエ一行は、近年の女性の山歩きブーム山ガールならぬジオガールブームを目指し、山陰海岸ジオエリアのPRに取り入れようと、「ヤブ山を歩く」の著者陰山通大さんを講師兼ガイドに迎え、行われた。DSC01449.jpg

DSC01453.jpg

DSC01456.jpg