読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘のスタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

新温泉町の情緒ある散歩道 味原小径

浜坂の花・自然・風景 浜坂の先人達

DSC02386.jpg

新温泉町浜坂の先人記念館「以命亭」と西光寺の間の細い道を下って行くと、ゆるやかな流れの小川があり、その脇の道をいつしか味原小径と呼ぶようになった。DSC02377.jpg

 

 川沿いを歩いて登ると右手の石垣が続き、浜坂の古い歴史を醸し出しています。左手にある日本アルプスをイメージした建物が「加藤文太郎記念図書館』で、浜坂出身の登山家加藤文太郎を顕彰する資料室と町立図書館にになっております。

 加藤文太郎は新田次郎の小説「孤高の人」や谷甲州の小説「単独行者」のモデルで、自らが書き残した山行記録を編集した「単独行』は、山のバイブルと言われ、永遠のベストセラーとして、高い評価を受けております