はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘の主人・スタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

生野銀山跡

https://lh3.googleusercontent.com/G0N2jTLvtJ12MY2ywR1NgMEfz1WPIIHvxRyBC9P9U2e_w-0nwx-9tETnTan-tfjaQhn5wn4QOxusnGNjDZB___CJJHKj7A6fxH7bLCThX50yGPCr-FmTLEveb2qYwyfPRkBjNVHJ0_SW1Q4QuVjhE_EJV1NOU5XFgBAUnLESZA0fpEjQ54jI6Qhu7hTyuY_DccxJJdlIe7wvRIRdnANZvp6fRQkSG4-67ubKLxSWQ4KSYJ0OoC_b5GwCq-C_roHgr7Uj2qPw3r9t3b5wD3vbrtvuCtxj3bPhMsMUfGO93B2vnCvcXhLvWlQfq1xzRgIyHQdbJI4WXs4vDccjtPZ9itCuUNP5IsyrYI9dEA211QXfgqBnjJyEem7QOVdt8G-KJOAoWQNVbj63UppV0ELUZkuAxPEQMsMDZ59QsjzDZM0eOzqmouu0L0Ylqylb047tNOKE-M4Hf7GwxINxKtDb8jBoEb1ufOcbSNvSwWYXaQxPzVf-efuJviNdd68MJEVOXrWx6DDpwZ535wWn4_IdFYp7bEqrt_YQFSGeJ9Pwpmw2V_-Xq13WxBQVF-0y7dqZxB6pqF-V4RtLvdNVrdLDN7Q7aWQhoewXkCd2KcOia-_gm5PuDP543A=w1202-h901-no

但馬の観光の見所は、何と言っても山陰海岸ジオパーク。西は鳥取砂丘から浦富海岸の遊覧船巡り、兵庫県に入ると男性的な切り立った奇岩、洞窟、洞門のリアス式山陰海岸公園の中核但馬御火浦の絶景。城崎温泉を始め、湯村温泉、浜坂温泉郷、岩井温泉など数々の温泉が湧出しています。

https://lh3.googleusercontent.com/WwOR8tmljuKrc-sUbwWUM8EwHII3OT4JYK5I618qj_NMDEa5aaZW_ZllW1177-RpyHgUnrIjlW51og_MIAhptXqm0JxPQiTOUbis9GJOTlVDRfjxESyl96HSZjbRXOyA9nAhaSrRQslTnDzEGVXAjkRHkoByrVzUWfYhZuC6AV-eaVFNRsPEZw4PtLsvbz57cuj6sJHFCbaswQIS5QGX5Dl4KRFRK8vy_Cq2uWH7fJDfI-x4_oWIuL2FJYQwZpSykIOZj8sBneifkvADTTe4Di_rubs7Cni9yPeLnYGxswXmODzDbJrF8fh2Tt8n9qQvDGV6unJfVeBdo2QU2g9LUP_46J0hsdmaMu_EMW6Gj0PcGhLYCQ1VNJMSLd-nCNyDo5EQilnaD-ap2xwa-wymiLynvkJ77ZpppUOjtICQURif3-VYEHMjTS5Nv5-ae3eCAmwKkckvba7UepeKP5GtxGr3XXsSmOFqn61dlMSqmIs9BQDo6vjNfvw4edYna1o3sWfld115XmXg8fZICT6bPZlXvEH7KVZboOeFeiJGYUv3p17KmKZ8Xe2KudCaaa094PlqX6o9rcWWw4AOnShlq-aqWPzy5D9tNWp5FX3MkaQyM3t6lE8RMg=w1202-h901-no

 

地球の磁場の逆転が確認された玄武洞やコウノトリの郷も見どころです。

11月6日からは山陰の冬の味覚の代名詞「松葉かに」の解禁となります。

いま、日本屈指の山城として竹田城が大人気ですが、羽柴秀吉が竹田城を攻め取った目的は、実は城ではなく近くにあった生野銀山であったと言われています。

いづれにしても、但馬へお越しの際は竹田城や生野銀山跡地、山陰海岸ジオパークもご覧になっては如何でしょうか

カニソムリエがご案内致します。