読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘の主人・スタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

浜昼顔と諸寄海岸とささゆりと

観光スポット かにソムリエ 山陰海岸ジオパーク

浜坂海岸サンビーチでは浜昼顔(ハマヒルガオ)は見ごろです。

f:id:syofuso:20160531145605j:plain

 

5月30日に今年の浜昼顔の写真を撮ってきました。

f:id:syofuso:20160531145640j:plain

城山から望む諸寄海岸の写真も撮ってきました。

城山園地から眼下に山陰海岸ジオパークの風光明媚な景色が広がります。諸寄海岸は、その昔雪の白浜もよせの浜と詠われ、明治末期までは北前船の風待ち港としても知られたところです。

 

f:id:syofuso:20160531150411j:plain

また今日(6月2日)は午前中、千々見山(ちぢみやま)へ散策へ行きました。

浜坂北中学校下から登山、約30分で頂上まで登りました。

遊歩道も整備され勾配もきつくなく、初心者向けのハイキングコースです。

f:id:syofuso:20160602111522j:plain

頂上からは新温泉町の街並みと浜坂海岸が見えます。

緑もゆる木々の中、山つつじやささゆりが咲いていました。

ここで一句

千々見山 紅一点の 山つつじ (かにソムリエ 谷岡 整)

ささゆりは新温泉町の町の花でもあります。

ササユリ
山地に生える多年草新温泉町の山野にひっそりと咲く清楚なササユリは、甘味のあるよい香りがあり、町の地域資源をみがき、高めながら発展していく本町を象徴する花です。

f:id:syofuso:20160602113346j:plain

 

 

 

f:id:syofuso:20160602112015j:plain

緑あふれる初夏の浜坂を堪能してきました。