読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘の主人・スタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

今日のデザート 鳥取県産二十世紀梨

f:id:syofuso:20160911201130j:plain

今日のデザートは、お隣の鳥取県産二十世紀梨をお出ししました。

新温泉町は兵庫県の北部で鳥取県にも近く、鳥取とは昔から文化的交流があります。

鳥取県産の二十世紀梨はみずみずしく、甘くて食べやすい梨です。

ジューシーな梨らしい爽やかな味です。美味しく食べられる期間は8月の終わりから9月くらいです。

新温泉町のこの辺りではどこの商店・スーパーでも鳥取県産二十世紀梨が売られてます。近所の「松田食料品店」では地方発送もされています。

1888年(明治21年)に、千葉県松戸市に住む少年が裏庭のゴミ捨て場に生えていた小さな梨の木を偶然発見しました。

この梨は、豊円で形が良く、薄緑色で美しく、食べると口にかすが残らず、今までにない甘くて多汁な梨です。

二十世紀梨は1898年(明治31年)に命名されました。

従来の梨と全く違い、皮が薄くて柔らかいこの梨は、二十世紀に王座を成す梨になるだろうと願いを込めて命名されました。

二十世紀梨とは - はてなキーワード

 鳥取県産の梨には二十世紀梨以外にも「新甘泉梨(しんかんせんなし) 」や「王秋梨(おうしゅうなし)」などの品種もあり、特に王秋梨はいろんな梨の美味しいところを合わせたような

とても濃厚な味がします。まさに「秋の王様」ですね。

 

まだ夏の暑さの残る今頃の季節に20世紀梨を食べると、「秋が来たなあ」と季節の移り変わりを実感します。

秋の味覚に鳥取の梨、おすすめです。