読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘の主人・スタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

さようなら余部鉄橋!そしてありがとう。

余部鉄橋の最終章、全国から多くの鉄道ファンが続々と余部鉄橋に集まっています。澄風荘でも札幌市、仙台、埼玉県など遠方からのお客様が増えております。

 

現実、昨日カメラを片手に余部鉄橋に行ってみた。

観光バスで来られる人々。

列車から降りてこられる方。

みなさんが、余部鉄橋の最後を惜しんでいる。中には、今月の16日で終わることを知らないまま、訪れられた人もいます。

 

古い鉄橋の傍らの新橋梁には新しいレールが敷設され、8月12日の新たな旅立ちを静かに待っている。さようなら余部鉄橋!そしてありがとう。さようなら余部鉄橋!そしてありがとう。