読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~

兵庫県浜坂温泉・カニソムリエの宿・澄風荘の主人・スタッフが、但馬の文化や歴史、山陰海岸ジオパークのPR、浜坂の四季折々の魅力をお伝えしていきます。

文さんのお墓 加藤文太郎のことその1  加藤文太郎のことまとめ目次

加藤文太郎

お客様から加藤文太郎のお墓参りをしたいのだが、お墓の場所を教えてほしいと言われご案内することになりました。

f:id:syofuso:20160710164221j:plain

新温泉町浜坂の加藤文太郎のお墓

お参りの後、「単独行の加藤文太郎がたまたまパートナーを伴って山行された結果遭難ということになったが、もし単独であっならば・・・・」と、おしゃられた。

新田次郎さんの「孤高の人」を読まれて加藤文太郎を知ったと言う方に多い傾向だが、

パートナーだった吉田冨久氏も優秀な登山家であったし、加藤文太郎も吉田冨久氏もいずれヒマラヤを目指す存在であったから、お互いが必要とする山のパートナーであったに違いなかった。

孤高の人文学碑

加藤文太郎孤高の人文学碑

「加藤文太郎のこと」目次

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com

blog.syofuso.com